白内障手術の費用について

白内障手術の費用について

白内障手術に使用する眼内レンズには、1つの距離にしか焦点が合わない単焦点レンズと遠方と近方の2つの距離に焦点が合う多焦点レンズがあります。それぞれのレンズには特徴があり、どのレンズを選択するかは患者様の希望や、目の状態によって決定することになります。

 

〇単焦点レンズ

単焦点レンズは、健康保険が適用となるため、経済的負担を軽減することができます。

しかし、焦点が1つの距離にしか合わないため、手術後はメガネが必要となります。一般的には遠くにピントを合わせて、手元を見る時は老眼鏡を使用します。なお、乱視が強い方には、乱視用のレンズもありますが、乱視用のレンズは健康保険の適用外となります。

 

<単焦点レンズの手術費用>

3割負担:片眼45,000円程度

1割負担:片眼15,000円程度

 

〇多焦点レンズ

多焦点レンズは、遠方と近方の2つの距離に焦点がレンズで、手術後はメガネに頼る頻度が少なくなるメリットがあります。ただし、健康保険が適用されない自費診療に該当するため、手術の費用は全額自己負担となります。自費診療に該当する治療については、医療機関が自由に価格設定をできるため、医療機関によって料金が異なります。

 

<多焦点レンズの手術費用>

片眼:350,000円~600,000円程度

※価格はレンズの種類によって異なります

※あくまでも一般的な相場となります


Comments are closed.